1. 無料アクセス解析

プロフィール

sweet rota

Author:sweet rota
「漂えど沈まず」 by開高健
そうだ、やっぱり人生はふりこ。
愛犬ロタは2017年1月10日で13歳になりました!目がちょっと見えにくくなってきました。でも、元気。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畳ヶ浦




島根県浜田市

列車で通ったことは何回もあるけれど、

山陰本線の車窓からこんな夕陽を何回かみたけれど、

この浜辺まで来たのは、

初めて。


島根県浜田市 石見畳ヶ浦(国指定文化財)

日本海に沈む夕陽は

どんな場所からでも素敵に見えるけれど、

季節によって顔が違う気がする。。。

顔が違うから、まわりの空気も変わってくるような・・・、秋の顔した夕陽。

まもなく沈みます。

ここって、

国の指定を受けた海岸なんですね。知らなかった。

駐車場に車を停めて、こんなトンネルやこんな洞窟の中を通るとこの場所に辿りつけます。








ちょっとした探検気分。

誰もいないのかと思ったけれど、なんのなんの、何人もいらっしゃいまして、それぞれに秋色に染まっておられました。




wikiによりますと、

古くから床浦と呼ばれた景勝地だが、1872年に発生した浜田地震によって海面が隆起、今にみられるような千畳敷と断崖が融合した景観となった。地質学的に大変貴重であり、国の天然記念物に指定されている。名の由来は千畳敷が畳を敷き詰めたように見えることに因む。なお、広義では、一帯は唐鐘海岸と呼ばれており、その中にある景勝地として扱われる。浜田海岸県立自然公園に指定されてる。

だそうです。




そのような説明板もトンネルの出口付近の壁に書いてありました。


こんな場所があったんだ。。


行かれる時は足元にご注意。

車を降りてすぐには、辿りつけない海岸です。

まあ、ちょっと。

いや、かなり歩きます。


さて、宿までもうひといき車を走らせねば。



またお会いできるといいです、

畳ヶ浦の夕陽さんへ

















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rota2006.blog78.fc2.com/tb.php/573-5b3586f2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。