1. 無料アクセス解析

プロフィール

sweet rota

Author:sweet rota
「漂えど沈まず」 by開高健
そうだ、やっぱり人生はふりこ。
愛犬ロタは2017年1月10日で13歳になりました!目がちょっと見えにくくなってきました。でも、元気。


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



東山魁夷せとうち美術館
kagawa Prefectural HigasiyamaKaii Setouti Aet Museum

http://www.pref.kagawa.jp/higashiyama/

4月21日から5月27日まで 
『うつくしき古都 ~伝統が奏でる幻想と静寂~』
が開催されてるということで出かけてきました。

メインはパンフレットの表紙にもなってる
『月篁』 Banboo Grove in Moonlight





繊細な竹の葉を透してふるいにかけたような月明かり
1967年(昭和42年)に京都、嵯峨野で描かれた作品で
東京国立近代美術館所蔵のもののようです。

ドイツへ留学されてた東山さんが、のちに北欧を訪れた際に描かれた
『ツェレの家』(1971年)
の作品はパンフレットの裏表紙。
大きな作品でした。

でも何より、東山さんといえば私の中では 白い馬 の絵。
教科書の表紙にもなってたような気がしますが、

『緑響く』
 


1982年の作品のようですが、長野県信濃美術館東山魁夷館蔵。
この作品がカフェへ降りる階段の壁に展示されてました。
一頭の白い馬が神秘の森に現れる・・・。

東山さんの眼鏡ケースにも馬のマークがありました。(エルメスなのかな、あれ。)

祖父が櫃石島の出身だとかでここにも美術館が建てられたようですが、
ゴールデンウィークのはじまりとあってか、ひと、ひと、人。。。

この群衆のせいで、500円の入場料を高いと感じた家人と

馬に会えて しあわせ 実感した私でした。

人が多くても、静寂は絵から感じられますから、ぜひ。。。

カフェからは瀬戸内海の凪が臨めます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rota2006.blog78.fc2.com/tb.php/81-65ec7507


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。